【1歳・2歳】嫌がる歯磨きをスムーズにしたい。愛用している歯磨きアイテム

商品レビュー
スポンサーリンク

赤ちゃん・幼児の歯磨きって難しいですよね。うちの子は歯が生えるのが極端に遅かったので、歯磨きデビューも1歳からだったのですが、仕上げ磨きも全然させてくれなくて、「できてるのかな〜まあいいか」というゆるい感じで日々過ぎていきました。そのまま現在2歳2ヶ月になり、日によりますがやっと少し落ち着いて仕上げ磨きができるようになりました。とにかく、日々、嫌がる歯磨きをスムーズに終えたいと、四苦八苦しています。今回はそんな我が子の歯磨きアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

1歳頃~1歳半頃まで愛用していた歯磨きアイテム

歯磨きを始めた頃はとりあえずまずは歯を磨く習慣をつけようと、夕食後に歯磨き粉をつけた歯ブラシを渡して、自分で磨いてもらいました。口に入れているだけで磨けていない感じでしたがそれはそれで仕方ないかなと割り切ってました。動き回りながら歯磨きをして本当に危ないので、そこへかなり気を揉んでおりました。その頃に活用していた歯磨きグッズを紹介します。

リング型の歯ブラシ

リング型の歯ブラシは、知人にいただいて、一時期愛用していました。見た目も可愛くておもちゃみたいなので、子ども気に入って受け取ってくれました。この形だと安心して一人で磨いてもらえるので気が楽でした。

360度毛の歯ブラシ

子どもはなんとなく口に入れて動かしているだけなので、それでも少し汚れがとれたらいいなと期待してこちらのような360度型の歯ブラシも使っていました。ブラシが歯に当たりやすいので、自分磨きの精度も増していると思います。(そう思いたい)ただ少し値段が高めなので頻繁に替えたい場合はコストがかかります。

コンビ テテオ 歯みがきサポート 新習慣ジェル グレープ味

これは2歳の今でも使っている商品ですが、コンビのテテオという歯磨きジェルです。オレンジ、ストロベリー、グレープ味があります。うちの子は、うがいはまだ全然できないので、少量であればすすぎ不要とのことでこちらを選びました。30gと容量が少ないのに、300円台なので、大人の歯磨き粉と比べてしまうと正直コスパはよくありません。
香りはしっかりついています。味も美味しいのかうちの子はこれを使い始めてから歯磨きに積極的になりました。ちょっと高いですが、うがいができるようになるまではこちらのお世話になりそうです。

時には歯磨きシートを活用

まだ乳歯が少ない時や、子どもの体調が悪い時、とても疲れている時は歯磨きシートを使うのもいいと思います。歯磨きジェルの拭き取りなどにも便利です。

 

1歳半ごろ~現在愛用している歯磨きアイテム

2歳2ヶ月現在使っている歯磨きアイテムです。

乳歯も生え揃い、歯磨きをしながらブラシを噛んだりするので歯ブラシがすぐにだめになるようになってきました。なので、この頃からはコスパを考えて手頃な歯ブラシを選ぶようになりました。

キャラクター入のコスパ◎歯ブラシ

歯ブラシはDoクリアやGUMの2歳〜のものをよく使っています。Doクリアはしまじろう、GUMはミッフィーちゃんのイラストが入っているので、それだけで子どものテンションもUPして歯磨きに前向きになってくれます。

すすぎの必要なし!仕上げ磨きにフッ素コート

仕上げ磨き時にこちらのピジョンのフッ素コートを使用しています。価格がかなり高いなぁと思ったのですが、うちの子は仕上げ磨きもじっとしていれず、満足にできない日もあるので、せめてフッ素で虫歯予防をと取り入れることにしました。

1歳過ぎくらいから始めて、プシュッと泡を乗せて仕上げ磨きをすることをもう習慣化しています。すすぎの必要もないので、歯磨きに慣れていないお子さんにはおすすめです。

仕上げ磨き用の歯ブラシ

仕上げ磨き用の歯ブラシについては赤ちゃん本舗で買ったこちらの歯ブラシを使っています。

1本52円と衝撃価格なので、店舗に行った時にたくさん買いだめしています。ヘッドもコンパクトでとても使いやすいのでおすすめです。

こちらのマミー17という歯ブラシも人気のようですね。仕上げ磨きは正直ヘッドがコンパクトで、毛のやわらかいものであればなんでもいいのかなと思います。

さいごに

ゆるく歯磨きをしていますが、保育園の歯科検診では今のところ虫歯なしという結果です。子供は唾液の量も多いので、虫歯になりにくいようです。とはいえ、うちの子はジュースやお菓子を頻繁に食べているのでちょっと心配です。歯磨きは毎日のことで、イヤイヤが激しいと親も大変ですが、ゆるーい歯磨きでもOK!便利な歯磨きアイテムに頼って乗り越えましょう。

タイトルとURLをコピーしました