cotocoto

〜ことママの子育て日記〜2020年誕生の赤ちゃん(女の子)の新米ママがおくる子育て記録です。

MENU

【8ヶ月赤ちゃん】長引く下痢は乳糖不耐症でした。

こんにちは、ことママ(@mayu_koto5)です。

先日の記事で娘(8ヶ月)がウイルス性胃腸炎の下痢からなかなか回復しないと書きましたが、病院に再び行って相談してみると乳糖不耐症とのことでした。

早速ミルクを変更し、回復したのですが、今日はそのことについて書いてみたいと思います。

f:id:mayu_koto:20210615095105p:plain

下痢のみの症状が1週間以上続く

1週間前にウイルス性胃腸炎になりましたが、ことちゃんは最初から下痢の症状しかなく、発熱もなく、、本人もいたって元気&ご機嫌だったので今となってはかかっていたのかはわかりませんw身近でマスクなしでおむつかえや汚れた服を洗っている私もウイルス性胃腸炎にかからなかったので、、、。

ただ、保育園では蔓延している状況だったので病院の先生はおそらくそうだろう、みたいな感じでした。もともと便がゆるく、もしかしたら最初から乳糖不耐症のみの症状だったのかもしれません。

とにかくあきらかに下痢が確認できた日は登園できず、仕事も休めず家がてんやわんやでした。1週間半~2週間近く経っても完全になおらなかったので、保育園の先生がもしかして乳糖不耐症ではないですか?と教えてくれました。整腸剤もなくなっていたので、3回目の通院をし、乳糖不耐症と診断されました。

 乳糖不耐症を初めて知る

医者ではないので専門的なことはかけませんが、ざっくりいうと粉ミルクに含まれている乳糖を分解する酵素?みたいなものが不足し、消化できずに下痢などを引き起こすことです。ウイルス性胃腸炎で小腸が傷つくことをきっかけに起きることもあるそうです。先生に聞いて、まさにこれだ、、、と思いました。

即日、粉ミルクを変更!

治療方法は授乳前にお薬でその酵素を補うか、乳糖が含まれていない粉ミルクに変更するかの2つがありました。授乳前にお薬は保育園での対応も難しいと思うので粉ミルクを変更することに。

 

いくつか種類がありますが、近場で手にはいった森永のノンラクトに変更してみました。

 

 

 変更して翌日には下痢が改善されて、今まで見たなかで一番普通の便になりました。下痢だと指摘される前からもゆるめだったので、もしかしてずっと乳糖不耐症だったのかもしれない、、、。赤ちゃんだからこれが普通なのかなと思って特に気にしていませんでした。他の子の便と見比べられる機会もないので。

 

気づいてあげられなくてごめんね。。。あんまり食べなかった離乳食もこれが原因だったのかもしれない。なんだか下痢が収まってから前よりはよく食べるようになりました。

無乳糖のミルクは普通のミルクに比べて味気ないそうなのですが、幸いことちゃんはあまり気にせず(?)よく飲んでくれています。安定してからも2週間くらいノンラクトミルクを続けて、乳糖を消化する酵素を作る身体をつくります。

さいごに

状況的に「ウイルス性胃腸炎だ、その治療をして時がたてば治るはず」と思いこんでいたのですが、いろいろなケースが考えられるので、大変ですがこまめに病院へいって積極的に相談するしかないですね。呑気な母親だと怒られてしまうかもしれないですが、今回の件で自分も勉強になりました。。。今は治ってとにかくホッとしています。

Copyright © 2021 cotocoto